夜の世界へ

六本木,ショーパブ

夜の世界を見てみたい

今まで夜遊びと言うものをしてこなかった筆者です。
怖いと言うか、私とは住んでいる次元な違うとさえ感じていました。
しかし、最近ひょんなことから『ショーパブ』という世界を知ってしまいました。
セクシーで美しい女性がステージで踊り、舞、それを見ながらお酒が飲める。
しかもステージを終えた演者さんが席にきて挨拶をしにきてくれたり、話せたりするなんて、そんなの楽しいに決まっているじゃないですか。
 
私の興味は止まる事を知らず、今まで遠い世界だと思っていた場所へ足を踏み入れることに、なんのためらいもありませんでした。
 
 

行く店を決める

最初にしたのは行く店を決めることでした。
お店によってルールに差があると知った私は、店を決めることがまずは始めの第一歩と感じたからです。
そして今回は六本木にある【show Club 神楽 Tokyo】に行くことに決めました。
 
六本木,ショーパブ
 

決め手1 ショーパブで調べたら有名だったから

ショーバブでちょっと調べたら、このお店を色々な所で見かけました。
安易な考えかもしれませんが、やはり有名な所に行きたいということでこのお店をピックアップしました。
 
 

決め手2 六本木という場所

夜遊びの街というイメージがある六本木。
どうせ行くならそういう場所に行きたかったからです。
 
 

決め手3 女子に優しい

このお店は『女子会プラン』というのがあって、それが魅力的でした。
六本木なのに目茶苦茶安いです。
それに、こういうプランがあると言う事は、女子が行っても浮かない、女子歓迎だという風に解釈しました。
 
 

決め手4 落ち着いた雰囲気

六本木という場所を選んだ理由の中に、落ち着いた雰囲気の方が良いと考えがありました。
ギラギラして騒がしいようなお店じゃなくて、大人の遊び場みたいな所が良かったのです。
六本木駅からすぐのこのお店は、そういう騒がしい感じではなく、そこが魅力的でした。
 
 

決め手5 和というコンセプト

個人的に『和』というものが好きで、色々お店を探していく中、和をコンセプトにしたお店はあまりない事に気が付きました。
しかしこのお店は『和』を取り入れている事を知って、最後の決め手となりました。
 
 
女子の私も行きやすく、六本木なのに安い。
そしてコンセプトや雰囲気が私好み。
初めて行くお店として、これ以上ないだろうと思えるお店を選びました。

 
 

ショーパブのルールとは

右も左も分からなかったので、疑問に思う事は全部調べてみました。
 

料金について

これが一番分からなかったので、今回は分かりやすいコースを選びました。
【show Club 神楽 Tokyo】 女子会プラン 120分 飲み放題付き¥3,000
本来であれば、何分何円、と時間制で、1ドリンクとか飲み放題とか選べるみたいです。
 

チャージ

ここで忘れてはいけないのが【別途料金】。
チャージと言う名前だったり、サービス料という名前だったりしますが、表示された料金+別途チャージ料が付きますので、そこをしっかり計算しておかなくてはいけませんね。
 

ショーの見方

買った時間の中で、必ずショータイムの時間が入っています。
これを見るのに別途特別な料金とかは発生しないお店が多いです。(それがサービス料とかチャージ料なのかも)
席に座ってお酒を飲みながら、ステージで踊るダンサーさん達のショーを見ることが出来ます。
 

チップとは

海外でしか聞いたことが無かったチップと言うのが、ショーパブには存在します。
これを買うと、お気に入りのダンサーさんに直接渡して、応援することが出来るのです。
ショーが終わった後ダンサーの皆さんが挨拶をしに席に来てくれるので、その時渡しましょう。
 
 
最低これくらいの知識があれば、東京のショーパブに行ってもちゃんと楽しむことが出来るでしょう。
もっと詳しくは別記事にまとめてあるので、良かったらそちらもご覧ください。